松山市に本部を置く家庭教師

松山市・今治市・伊予市・新居浜市・大洲市・西条市・西予市内・四国中央市・砥部町・東温市・宇和島市・八幡浜市内の家庭教師なら愛媛家庭教師紹介センター

愛媛家庭教師紹介センター 愛媛県内の家庭教師を紹介します

試して納得!初回限定!5000円分 無料体験・資料請求
  • 会社情報
  • リンク集
  • 教師登録

フリーダイヤル 0120-09-0209

  1. ホーム>
  2. お知らせ>
  3. 今日から11月、今月の勉強法

お知らせ

2017.11.01

今日から11月、今月の勉強法

311月は、受験の後半戦真っ只中です。911月の3ヶ月は特に「実践力」をつける時期にあたり、11月にはそれぞれの科目を「完成レベル(=志望校の問題に十分対応できるレベル)」に到達させる必要があります。すると12月のセンター試験直前対策、翌年1月のセンター本番、2月の二次試験対策へと、スムーズにつなげることができます。

ここでは「大学受験対策として、高311月に取り組むべき勉強法」について紹介します。これを読むことで11月の時間を上手く使うことができ、実力や偏差値をアップできるようになるはずです。

まず前提として、翌年1月には「センター試験」が控えています。それに向けて、12月は「センター試験対策」を中心に勉強する必要があります。つまり11月は「国公立大学の二次試験対策」にじっくり取り組める最後の月なのです。

この1ヶ月間で「志望校の二次試験に対応できるレベルの実力」をつけられるよう勉強を進めてください。

ただ、学校によってはまだ終わっていない分野があったり、高3の夏までに習った範囲の勉強が手薄になったりすることがあります。こうした部分の勉強は、少し遅れていても仕方ない面があります。12月の時間配分を考えて、センター対策をしながら手薄な分野の勉強を進めるしかありません。ただ、できるだけ11月で、二次試験レベルの問題が解けるようにしましょう。

各教科とも、使うべき教材は「二次試験対策用の問題集」です。使う問題集をひとつ決めて、しつこく繰り返し解きましょう。何度も復習することでそれぞれの問題に対する理解が深まり、模試や入試本番に対応しやすくなります。やみくもに新しい問題集を解こうとすると、どれも身に付かないため気を付けてください。

「過去問」を確認していないなら、必ず解く

「過去問」をまだ確認していない人は、必ず赤本などの過去問集を購入して解きましょう。

大学受験の勉強は、「目標となる学力レベル」を決めることが大切です。ゴールを決めずに勉強すると、勉強しているつもりだったのに必要な学力に達していなかったり、期限内に勉強が終わらなかったりする可能性があります。そのため、目標の学力レベルは必ず決める必要があります。

赤本で問題を確認すると「志望校の入試は、これくらいのレベルなのか」ということが分かります。すると、到達するべき学力レベルがはっきりします。

過去問を確認する時期は、早ければ早いほうが良いです。早いタイミングでゴールを意識することで、危機感をもって勉強できるためです。ただ、11月の時点でまだ確認していなかった場合、すぐに赤本を購入しましょう。

11月中には「35年分の過去問を各教科とも自分で解き、解答を読んで解き方を理解した状態」に仕上げておきましょう。できれば23回ほど、解き直すことができていると良いです。

人によっては「二次試験直前の2月に、解く問題がなくなる」と思うかもしれません。どうしても心配なら、12年分だけ解かずに過去問を残しておくのも良いでしょう。ただ、そのときに問題を解けないと、余計な心配が生まれてしまいます。そのため11月の時点で、できるだけ多くの過去問を解いておくほうが良いです。

「記述対策」として、途中式や論述の練習をしておく

国公立大学の二次試験は、「記述式」で問題が出題されます。数学で途中式が必要だったり、英語では英作文、現代文・日本史・世界史では論述が出題されたりします。

ノートなどに問題を解くときには、答だけを書いてしまったり、論述問題の対策を後回しにしたりしてしまいがちです。しかし11月のうちに記述対策をしておかないと、間に合わなくなってしまう可能性があります。

そのため問題集で問題を解くときには、「採点官に提出するつもり」で回答を書きましょう。こう考えて回答を書くことで、「分かりやすい記述」ができるようになります。記述力はすぐに伸びる力ではないため、早めに対策を始められると良いです。

難関大学を目指す場合、記述対策に「Z」を使うのはおすすめです。毎月の「添削問題」を提出することで、記述力アップに役立ちます。

復習を繰り返し、定着率を高めておく

11月は入試対策の勉強を、ほぼ完成させる必要があります。そのためには問題集での演習に加えて、「復習」にも力を入れる必要があります。今まで使ってきた参考書・問題集であやふやな部分がないか確認して、もしまだ理解しきれていない部分があれば、解き直しておきましょう。

私の場合は理系だったのですが、数学の黄チャートや「物理のエッセンス」という参考書、化学の参考書は、ちょっとした空き時間でざっと眺めながら復習していました。どうしても忘れている問題は紙に解き直していましたが、見たり読んだりするだけでも、定着率を高めることができます。この復習方法なら、二次試験対策の勉強を圧迫せずに復習することができます。

また、問題集の問題も、「できなかった問題」や「復習したほうが良い問題」などには「△」などのマークをつけて、復習しやすいようにしておくと良いです。

私は「自分で解けて、完璧と思える問題」は問題番号に斜線を引き、「ざっと見るだけの復習で良い問題」として分かるようにしていました。そして斜線を引けていない問題を重点的に復習し、全ての問題に斜線を引けるように勉強していました。

11月は新しい問題に取り組むことも大切ですが、今まで学んだことの復習も大切です。やるべきことが多くて大変ですが、追い込み時期に差し掛かっているため頑張りましょう。

志望校の「大学別模試」があれば、受けておく

11月には「東大オープン」「早稲田・慶応即応模試」などの「大学別模試」が開催されます。志望校の大学別模試が開催される場合、必ず受けましょう。

大学別模試の問題は、各大学の傾向を分析して作られています。そのため本番に近い内容で実践をすることができ、受ける人のレベルも自分と似た実力であることが多いです。大学別模試を受けている人たちは、入試本番でもライバルとなる可能性が高いのです。

また、大学別模試の問題はとても質が良いため、あとで復習をすると学力アップに役立ちます。模試はつい判定ばかりに目がいってしまいがちですが、「受けたあとにどう活かすか」が大切です。きちんと解き直して、「なぜ問題を解けなかったのか」を振り返ってください。

まったく分からなかったのであれば、その分野を補強する必要があります。また、「焦って計算ミスをしていた」などが理由なら、同じミスをしないように落ち着いて解く必要があります。

11月の模試でE判定の場合、志望校の変更を考えるべき

11月は大学別模試だけでなく、「記述模試」や「センター模試」なども開催されます。こうした模試で「E判定」だった場合、志望校の変更を考える必要があります。「ワンランク下の大学」や「もともと滑り止めとして考えていた大学」を視野に入れましょう。

ただ、すぐに志望校のレベルを下げてしまうのは、おすすめしません。頑張って勉強できるのは「高いレベルを目指すから」であることが多く、目標を下げてしまうと気持ちに余裕が生まれてしまったり、投げやりな気持ちになったりして、成績が伸びにくくなってしまうためです。

そのため11月で「E判定」だった場合、志望校はそのままにして勉強を頑張り、「受験校を最終決定するときに、変更しないといけない可能性があること」を頭に入れておきましょう。そしてセンター試験後に、最終的に受検する国公立大学を決めましょう。

また、志望校を変更することで勉強が必要な科目に大きな変更がある場合、11月の時点で目標を下げるのもひとつの選択肢です。「ギリギリまで志望校を目指すか」「11月の時点で妥協して、志望校をワンランク下げるか」はどちらが正解というものではなく、迷うと思います。「あなたが納得できるかどうか」が大切なため、よく考えて決めてください。

 

まずはお試しください!解約料、年会費、教材費、迷惑電話一切なし!

試して納得!初回限定!5000円分 無料体験・資料請求

お電話で、0120-09-0209 24時間365日対応!

ページトップへ
ページトップへ